いぼの悩みを解消しよう

診察

安心して利用する為に

美容整形外科とは自身のコンプレックス等の解消や、疾病が原因で起こるものを取り除き人体の見た目を改善する事を目的とした臨床医学の1つです。加齢や紫外線による皮膚のトラブルや、ほくろやウイルス性のいぼの除去など幅広い対象がある、容姿を整える施術を行う機関です。治療内容は施術内容や状態によって異なり、二重手術やたるみ除去等の美容目的の場合は保険適用がなく実費となります。いぼは大半がウイルス性であり、国に認められた施術内容を選択すると保険適用となります。年齢によって負担割合が異なりますが、最高で3割負担の費用で治療を受ける事ができます。いぼでも大きさや深さ、部位は個人差がありますので、保険適用よりも自費治療の方が良い場合もあります。最適な方法を医師と検討していくのですが、それぞれの施術内容について保険適用でも自費でも負担額は異なります。保険適用では液体窒素による治療が多く用いられており、数個のいぼで1500円程の費用となります。ウイルス性以外の加齢による脂漏性角化症等では電気メスで焼切る電気焼灼法が多く行われており、1回1000円から1500円程で液体窒素と同じ位の費用となります。手術的な施術以外では内服療法もあり、ヨクイニンという免疫力を高める漢方で1ヶ月分500円程の費用です。保険適用外の方法では、液体窒素と同じ位利用されているレーザー治療があり、相場としては1つにつき5000円程です。この自由診療の方法では、美容整形外科毎に自由に価格設定を行ってよいので、場所によって異なります。美容整形外科では医師が施術を行います。しかし医大や研修医時にはこの美容整形に関する勉強は行いません。医師も美容整形外科に就職して、多くの症例を経験してからベテランになります。保険適用である液体窒素や服薬療法といった治療は、皮膚科等で経験または学ぶ機会があります。確認しておくことは、レーザー治療を受ける場合はその医師が経験や実績があるか否かです。美容整形外科ではいぼ以外に皮膚のたるみやほくろ除去等、レーザー治療を行う機会は多いです。その為レーザーの扱いや知識については十分と考えられますが、新人とベテランを比較すると差はあります。特にレーザーは痛みが軽減されていていますが、多少痛みは伴う方法です。技術が重要であり、美容整形外科を探す場合は医師のプロフィールを確認しておくと安心です。現在ではホームページを作るのが一般化しており、医師紹介の項目も設けられています。経歴以外にいざ受けるとなった際は、説明がしっかりなされているかどうかや、治療方法の選択について説明されたかが重要です。レーザーでも液体窒素でも、跡は残らないと説明は受けられても施術直後や数日はどうなのかといった説明も必要です。基本的にいぼを除去する為にはウイルスを死滅させる必要があり、皮膚へのダメージは大なり小なりあります。赤みが出た際の対処方法や、その後のアフターケアについても説明を省かずしてくれる美容整形外科かどうかも患者にとっては重要な事です。以上の内容の説明は、医師からされない場合も自身から伺う様にすると良いでしょう。

Copyright© 2018 いぼ治療でスベスベ肌を取り戻そう【レーザーを用いた施術方法】 All Rights Reserved.