きれいな肌を取り戻す

女医

それぞれの特徴

いぼの治療には様々な種類があります。まず、最近注目されているレーザーを用いた施術方法です。この方法のメリットは、施術後に傷痕が残る可能性がかなり低いという事と、色素沈殿によって肌が黒くなりにくいという事です。また、ほかの施術方法では除去できないような小さいいぼも取り除けるというのもこの施術法の強みです。しかし、費用が高いという事と保険適用外なので費用が全額負担になるという点がデメリットになります。お金に余裕があればおすすめの施術方法です。次に、液体窒素による施術法です。この方法は、費用が安いというメリットがあります。保険も適用されるので、自己負担金は少なくて済みます。しかし、施術時に多少痛みを感じることがあります。また、処置した後に色素沈殿が起こりやすいというデメリットがあります。このことから、液体窒素による施術は治療したいいぼがどの場所にあるのかを考慮する必要があるといえます。最後にメスやハサミを使って物理的にいぼを切除してしまう施術法です。この方法のメリットは傷跡が残りにくいという事と、短時間で施術が終わるという事です。スピーディーに施術を終わらせたい人にお勧めです。しかし、人によっては痛みを伴う事があります。また、医師によっては施術時に麻酔を使用しないことがあります。そのため、痛みに弱い人は必ず事前に医師に麻酔をしてもらうようにお願いをする必要があります。とはいっても、この方法も保険が適用されるので、比較的安く治療が行えます。お金を使いたくないのであれば、この方法か液体窒素を使う方法を選ぶといいでしょう。いぼの治療の申し込みをする前に、美容整形外科選びをします。そして、自分が行きたい美容整形外科が決まったらさっそくその美容整形外科に電話をかけてみましょう。直接何のアポイントメントもなく病院に行ってしまうと、治療を始める時期が遅れたり、場合によっては診察さえしてもらえなかったりという事態に発展します。そのため、電話によるアポイントメントはかなり重要です。そして、電話で予約を取ったら指定された日時に美容整形外科に足を運びましょう、そしてそこで診察と問診に移ります。ここでは、いぼが悪性のものか良性のものかを判断したり、どのような治療を行えば効率よく治すことができるかを話し合ったりします。方法は様々で、どれもメリットとデメリットがあるので自分の意志をはっきりと伝えるようにしましょう。そのために、事前のリサーチは欠かせません。そして、方法が決まったらかかる費用などのお金の話を行います。そこで、納得できれば最終的な施術の申し込みに移ります。ここでは、様々な規約を読む場面があります。ここで規約をしっかりと読まずに適当に流し読みしてしまうと、後で後悔するような出来事が起こる可能性があります。契約内容はしっかりと読み、把握してから申し込みを終えるようにしてください。これで、申し込みの方法はすべて完了です。後は指定された時間帯にもう一度美容整形外科へ足を運び、施術を受けるだけです。施術の回数や流れは申込時に説明があるので、聞き逃さないようにしましょう。申し込みでは、とにかく医師の話を聞くことが重要です。

看護師

時間とコストを抑える方法

きれいに仕上げてもらえるいぼ治療をしたいならば、信頼できる美容外科クリニックをいつも行く皮膚科に紹介してもらうといいでしょう。今は切除以外にも気長にできる治療がたくさんあるので、焦らずじっくりとすすめていくことが成功のコツです。

顔に触れる女性

美容整形外科での除去

美容整形外科はいぼを除去する治療を行う際も、傷跡を出来るだけ目立たせないように審美面を重視した施術がなされています。目立ちやすい部位のほくろ除去でも選ばれていますが、施術方法、治療日数、アクセス条件などでもメリットを感じられます。

診察

いぼの悩みを解消しよう

いぼ治療を受けられる美容整形外科では様々な治療器具や方法があります。しかし医療機関だからといって全て保険適用というわけではありません。自由診療の治療の方が良い場合もありますが、費用についてや注意点をある程度知っておくと選択する際役立ちます。

Copyright© 2018 いぼ治療でスベスベ肌を取り戻そう【レーザーを用いた施術方法】 All Rights Reserved.